月別: 2017年10月

引越しは単身向けプランあり


単身での引越がする際に、どのような荷物の運搬方法があるのでしょうか。荷物の多い少ないに応じてお薦めのプランが異なります。それはどのようなサービスなのでしょうか。

引越し単身者向けの引越サービスには、コンテナなどで荷物をまとめて運ぶ単身パックという方法と、比較的荷物が多かったり、既に家財道具をお持ちだったりする場合にお薦めになる単身向けプランがあります。単身パックとは、大きさが複数ありますが、主に着替えと布団とプラスアルファの荷物からなる引っ越しに対応し、宅配便の荷物を載せるトラックに同情できますので、トラックや運転手を手配する必要がないので比較的お得に単身用の引越しを終えることができます。それに対して、家財道具などの運搬の必要がある方は、単身者向けの引越しプランを手配したほうがお得に済み、複数の引越し業者に見積もりをしてもらうと、経済的な値段で引越しができるのです

インターネットの引越しサイトなどにも大手引越し業者が参加していて、一括で自動見積が取れるシステムがあるので活用するとよいでしょう。思わぬところで、お得に引越しができる場合があります。単身パックの場合は、エコ資材などを使用して荷物の梱包を行ったり、使用後のダンボール回収をしてもらったりできますが、単身向けプランだと、ご自身で引越し後の後片付けをする必要がある場合がほとんどですので、覚えておくといいですね。

<関連情報>シングルプラン(学生さん・単身者向き) – 引越しメニュー | ファミリー引越センター

急な転勤の引越し


会社の異動が多い季節に、急な転勤の辞令。転居をしなければ通うことができない場合には、引っ越しも急を要します。このようなときの最適な単身者の引越しはあるのでしょうか。

トラック宅配便のトラックを貸し切らずにシェアする形で荷物を運搬するプランがあります。家族の引越しのように大掛かりなものになると、トラックを手配して引越しをするのが通常のスタイルですが、単身者の荷物はそう多くはありませんので、トラックの一部を借りる形での引越しが可能です。しかも、新生活にすぐに使用したい洗濯機とテレビの設置も料金込みの引越しプランもあります。宅配便の中継地をリレーする形で荷物が積み替えられて目的地まで到達します。遠距離で約600km圏内は、可能範囲です。引越しする方によって、必要なサービスが少しずつ異なるように、エアコンの取り外しや取り付けなどのサービスもオプションで付いていますので、安心です。

しかも、荷物の引き取りと受け渡しにも時間の指定ができるので、転勤の準備に追われる最中でも対応が簡単です。しかも梱包材にもこだわりがあり、エコな資材としてくり返し再利用できる素材の梱包材が使われているために余計な廃棄物も出ませんし、使用後は、業者が回収してくれるというメリットもあります。このように引っ越しや転勤が急に決まった場合でも安心です。

単身引っ越しで気になる荷造り


単身の引越しの予定がある方は、引越し業者探しや荷造りなど気になることがたくさんありますね。単身の引越しならではのお得なサービスがある業者などもあります。ご自身の荷物の量をしっかりと把握して、お得度の高い引越し業者を選ぶのが賢い選択です。

段ボール業者によっては、スタッフやトラックを単身引越し専用に用意して対応しているものもあります。荷物の量がほぼ一定で、統一感のある引越しであるために効率が良いのです。希望の条件が合えば、こういったサービスを利用すると賢くお得に引越しサービスを受けることができます。また、単身者専用の単身者パックを利用すると、例えば段ボール15箱、衣装ケース数個、布団袋のセットで大型の宅配便感覚で引越しの荷物を送ることができ、このサービスはTVコマーシャル等でもお馴染みです。ここにTVなどの家財道具をオプションで送ることもできるので、1Kほどの大きさの部屋にほとんど家財道具がない場合は、こちらのサービスが早くて、手間もかからず便利です。

荷物がほとんどない方は段ボール1箱から引越しされる方もいらっしゃるので、荷物をどこかに送る感覚で、荷物の少ない単身者の場合は気軽に引越しを終えることができそうですね。

単身者の引越し


単身引越しで気になるのが荷造りです。その方によって、荷物の多さに差があります。例えば、これから自立生活を始めようとする方は、衣類だけで済むような場合が多くてダンボール数箱で済んでしまいます。既に家財道具が一式揃っている方の引越しの場合は、3tトラックなどで引越しをしないとならない場合もあります。ご自身の荷物の量に応じて、お得な引越しスタイルを見極めて引越し業者を選ぶのが賢い引越しの仕方かもしれません

コンテナまた、単身者の引越しの機会は急に訪れることも多くあります。転勤や転職に機会があるときなどは、日数的な余裕はない場合がほとんどです。宅配便のトラックを借り切らずに、荷台をシェアする方法なら、好きなタイミングで引越しの荷物を運搬することができるようになります。これは、荷物を途中で中継しながら運ぶ方法です。600kmほど離れた場所でもこのやり方で対応できます。日時の指定もでき、料金も比較的良心的な引越しのスタイルです。

更に、単身者向けの荷物の少ない方には、単身用のパックというコンテナに荷物を積み込んで引っ越す方法もあります。コンテナの大きさは業者ごとに数種類有りますが、比較的少ない量しか積めないために、まだ家電類などの準備がない方にお薦めの引越しプランとなります。これは、大型の宅配便と同じような扱いになるので、集配と配達の時間指定が比較的容易にできるので、荷物が少なく時間的な制限がある忙しい方向けの引越しプランとなっています。このように、ご自身の荷物の量によって適した引越しが変わってきますので、よく引越しの内容を確認して、インターネットなどの一括見積もり検索などを利用して賢いプラン選びをしたいものですね。